HOME » 保険会社の審査

保険会社の審査

健康状態を確認

医療保険や癌保険に入る時には、保険会社の審査に通らなくてはいけません。
審査で重要視するポイントは3つです。
健康面、職業面、道徳面です。健康面では、過去に掛かった病気がないかという事を、契約者本人に契約書に記入してもらいます。
健康な人用の保険は、体調面に関する告知書がとても細かいので、記入はそう楽なものではありません。
しかし、癌経験者でも入れる保険は引受基準緩和型保険といい、健康な人用のものよりも非常に簡単な告知書となっています。
健康な人でも、癌経験者でも、保険に入る際の告知書に偽りがあると、もしもの時に保険金がおりる事が出来ません。
告知書は記入する時は、過去の病歴をしっかりと調べてきちんと記入する必要があります。

通らない職業

危険性の高い職業の場合は、医療保険に入る事が出来ません。
入る事が出来ても、保証される保険金額が減額される事があります。
その職業の中には、高所での作業をする作業員やスタントマン、消防士などがあるでしょう。
癌などの病気のみに特化して保障したいという事であれば、怪我も保障される医療保険ではなく、癌経験者でも入れる保険などに入るといいでしょう。

収入とのバランス

癌経験者でも入れる保険というのは、健康な人用の保険よりも割高になります。
保険料の支払いは、終身タイプの保険で月払いの場合、一生涯続くものです。しっかりと支払える能力があるのかどうかを確認する必要があります。
入れる保険は、病気が再発する可能性の高い癌経験者が多く入る保険です。
再発の年齢というのは誰にも分からないものなので、入れる条件を満たしたらすぐに入っておくといいでしょう。
入れる保険も含めて、医療保険や癌保険というのは、体調に関係なく、年齢が増すごとに保険料が上がっていくのです。
年金生活に入る高齢者には、毎月高額な保険料の支払いは困難となるでしょう。